スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石油最終争奪戦世界を震撼させる「ピークオイル」の真実1


  石油価格の高騰は一過性ではない。今、有限な石油がその生産のピークを迎えつつある。それを「石油ピーク」とよぶ。だが日本はその重大さに未だ気がつかないようだ。しかし、言うまでも無く地球は有限である。限界は必ず来る。遅いか早いかの違いしかないのである。(プロローグより)


21世紀は、単なる世紀の変わり目ではなかった。地球はやはり有限、自然にも限りがあったのである。構造的な石油の高騰がその証左だが、未だにエコノミストはそれを認めようともせず、技術者も技術至上主義である。そしてメディアには、ほとんど連日のように日本のエリート指導層のスキャンダル、志の喪失が報道されている。(まえがきより)



  「石油最終争奪戦世界を震撼させる「ピークオイル」の真実/石井吉徳/日刊工業新聞社」
  すこし前の本ですが、読んだ時の内容で、気に入った部分をこのたびまとめてみましたので、別枠で取り上げていきたいとおもいます。



 
プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。