スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移住について考える

以前、F総研に勤務しておられた方で40歳を目前に家族で海外移住
された人と一時期交流がありました。

今考えてみますとその人はFリポートなどで日本の将来等について
詳細な情報を得ており今後の見込みは暗いと判断して移住されたものと
考えます。移住先で奥様が子供を産んだため、二重国籍をお子様が
保有しており自分たちも万が一の場合は保護者ビザを取るため、
わざわざ現地で出産されたものと思います。

自分も盛んに誘われましたが当時の状況から無理でしたので、
関心は有りましたがお断りし、その後交流は途絶えました。
まあ、しかしその後どうなったのか情報がなく、全く解りませんが
したたかな性格のかたですのでうまくやっている事と思います。

F総研で激務をこなしチーフも勤め上げリタイヤできるだけのお金と不動産収入
を得る事に成功したそうです。そして詳細に計画を考えて実行したと...
ここがすごいところですね。

というわけで、自分も常に頭の片隅に移住を考えていたので
海外の放送に慣れるためスカパーでBBCやCNNを観たり、海外で
生活できるよう英語や広東語(中華街がどの国にもあるので)を
勉強してみたりといろいろやっております。

夫婦で老後のリタイヤで移住するケースはありますが、
中年リタイヤで移住という、しかも幼児と乳児をつれた場合の
ケースでどこまで考えられるのか.....たまに考えてみます。

こういった場合の障害は家族の同意が得られないということが
ますファーストケースでよくあります。そこは10年かけて
クリアーしました。
今後もしかしたら意外な展開が出来るかもという事で.....

以上、今回は番外編ということで妄想日記でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。