スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発がどんなものか知って欲しい④

引用開始

「いいかげんな原発の耐震設計」

阪神大震災後に、慌しく日本中の原発の耐震設計を見直して、その結果を九月に発表しましたが「どの原発も、どんな地震が起きても大丈夫」というあきれたものでした。私が関わった限り、初めのころの原発では、地震のことなど真面目に考えていなかったのです。それを新しいのも古いのも一緒くたにして、大丈夫だなんて、とんでもないことです。1993年に、女川原発の一号機が震度4くらいの地震で出力が急上昇して、自動停止したことがありましたが、この事故は大変な事故でした。なぜ大変だったかというと、この原発では、1984年に震度5で止まるような工事をしているのですが、それが震度5ではないのに止まったんです。わかりやすく言うと、高速道路を運転中、ブレーキを踏まないのに、突然急ブレーキがかかって止まったと同じことなんです。これは東北電力が言うように、止まったっからよかった、というような簡単なことではありません。5で止まるように設計されているものが4で止まったと言う事は、5では止まらない可能性もあるということなんです。つまり、いろんなことが設計通りにいかないということの現れなんです。
 こういう地震で異常な止まり方をした原発は、1987年に福島原発でも起きていますが、同じ型の原発が全国で10もあります。これは地震と原発のことを考えるとき、非常に恐ろしいことではないでしょうか。


筆者「平井憲夫さん」について 1997年1月逝去。原発事故調査国民会議顧問、原発被爆労働者救済センター代表、ほか諸原発差し止め訴訟原告特別補佐人等

次回は「定期点検工事も素人が」です



健やか総本舗亀山堂




 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

cbu66810さん今日は
1番での反原発では無いは判りました・・・

ではこの4番で引用された部分・・・本当に問題なのか?ご自分でお解りでしょうか?。

平井氏の当該文章には色々問題が有りますが、この部分は正当な事象をこじつけで逆評価に持ち込んでいます。
安全工学上のリミットスイッチは安全側にのみ誤差が許容されます。即ち地震で止まるのは安全側の働きであり、「止まるべき状況で止まらない」が一番拙い出来事で有るはずです。
自動車のスピードメーターは・・・実速度より過大表示側にしか誤差が出ないよう調整されているのと同じ話です。

この文章をご紹介されるのはご自由ですが少しはご自分で内容を咀嚼されたら如何でしょうか?

Re: No title

> cbu66810さん今日は
> 1番での反原発では無いは判りました・・・
>
> ではこの4番で引用された部分・・・本当に問題なのか?ご自分でお解りでしょうか?。
>
> 平井氏の当該文章には色々問題が有りますが、この部分は正当な事象をこじつけで逆評価に持ち込んでいます。
> 安全工学上のリミットスイッチは安全側にのみ誤差が許容されます。即ち地震で止まるのは安全側の働きであり、「止まるべき状況で止まらない」が一番拙い出来事で有るはずです。
> 自動車のスピードメーターは・・・実速度より過大表示側にしか誤差が出ないよう調整されているのと同じ話です。
>
> この文章をご紹介されるのはご自由ですが少しはご自分で内容を咀嚼されたら如何でしょうか?

ご指摘ありがとうございます。この人はエンジニアで、現場に出ている方ですので文章力はつたないかもしれません。「現場の人」がどう思っているか、それを書いているので、机上の論理や文章の矛盾等は申しわけありませんが特に気にしていません。

No title

申し訳ありませんが・・・この文章自体を精読されましたか?。

この文章自体がwebに掲載されたのは著者とされる平井氏が亡くなって以降の事です。
即ちご本人の確認も何も無い・・・のが実情です。

そして平井氏が語ったとされる時期と重なる7年ほどの期間、私は原発で作業していましたが・・・ハッキリ彼が語ったとされる事は「半分以上ウソ」であると断言できます。
実際に現場で現実を見てきたからこそ言います。

少なくとも、当文章をwebで検索されれば・・・反論等が簡単に見つかると思います。
私は誤った知見が多いこの文章が拡散するのは・・文章中で語られる差別や風評被害を助長するだけだと思っております。


Re: No title

ご指摘ありがとうございます。確かに文書自体旧い物であるという点で現状とは違う、また各原発によって作業内容も違うでしょう。私もプラントの炉修に関わったことがありますので仰る事の意味は良く分かります。もう一度内容を精査させていただき、今後継続するか検討しますが、わたしとしては色々な話の一部として、ほかに探せばこの人への反論も出ているでしょうから問題ないと判断しますが・・・兎に角個々まで真面目に読んでいただいていることに感謝申し上げます。
プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。