スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家狂乱篇29

   百八十三頁の第三グループは、東京・横浜の大地主と渡辺銀行に代表されるグループで、ここには満鉄株主が十七人、長者が十五人も並んでいる。さてここまで、満鉄株主の系図を示してきたのは、これこそが日本激動史の鍵を握る集団だからである。この時代から日本史が大きな炎をあげて燃え上がり、末期的な大戦争に突入してゆく経済的な導火線が、これらの系譜に明白に示されているのである。

  昭和二年(一九二七年)三月十四日の議会で審議中、大蔵大臣・片岡直温が「渡辺銀行が支払いを停止した」と根も葉もない失言を口にし、それに端を発して取り付け騒ぎが日本全土の銀行に波及していった。その、昭和大恐慌は、誰もが知る通り、この渡辺銀行が破綻して始まったのである。それから日本は、大衆が生きるのに一銭の余裕もなくなり、財閥による独占の急拡大へと進み、一気に財閥を憎悪する国民的な軍国ファシズムが広がり、一九三一年の満州事変へと雪崩をうって転げ落ちていくのだ。

この系図の一番上にある質商尾張屋・峯島茂兵衛~江守善六の一族について、現代人はほとんど記憶にないが、満鉄設立の翌年、一九〇七年に11万坪を所有して東京市第三位の大地主という質屋であった。第一位は三菱・岩崎家の22万坪、第二位が三井家の17万坪だが、第五位が渡辺銀行の渡辺治右エ門で、6万坪を超え、江守家と渡辺家は、系図のように近親者なので、両家を合計すると三井家を上回る第二位であった。この当時、山形県庄内の本間家が500万坪、あるいは、新潟県越後の市島家が400万坪を所有した田地とは意味が異なり、東京の大都会で17万坪の市街地を所有することは、桁違いの資産を意味した。現在の東京で広大な緑の庭園を広げる新宿御苑が17万坪である。戦後も峯島家の貸地事業の主力地区は新宿歌舞伎町にあり、七代目茂兵衛が土地区画整理組合の副会長を務めてきた。さらに渡辺治右衛門の弟・渡辺福三郎は、最大の貿易港として隆盛する横浜第一の地主でもあった。

 渡辺銀行の業祖にあたる初代の渡辺治右衛門は、兵庫県播州明石からでて、将軍吉宗の時代に海産物問屋「明石屋」を江戸の日本橋に開業した。幕末から蝦夷地の函館、江差、小樽の海産物を扱っていた八代目・治右衛門は、維新後に北海道開拓使の御用達商に取り立てられ、日本橋の魚市場を舞台にみるみ台頭して、屈指の豪商となった。渡辺家の巨財も、第二章に述べた北海道の海産物から生まれたのである。息子の九代目は、渡辺銀行を設立して頭取をつとめ、その姉妹銀行を、屋号・明石屋治右衛門の頭文字・明治に因んで「あかぢ貯蓄銀行」と命名した。質商尾張屋・峯島家の一族となった渡辺銀行がどれほどおおきな金融力誇っていたか、三菱や三井と並べてみれば想像がつく。

  系図2に示したこれら三つの財閥グループは、わずかな人間を除いて、ほとんど軍国的な植民地主義者の姿がない。質屋、漬物屋、菅笠屋、刀剣商、時計商、農業、魚市場、地主は、国内型の生粋の商人である。織物商、米穀商たちは、植民地の産業支配と全く無関係ではないが、この時代にはまだ輸出先としての中国であった。在華紡とよばれる中国現地工場での紡績業が隆盛したのは、大正半ば以降である。図中の人間は、強欲を持って海外に進出しようとする侵略者とは見えない。世襲名が多いことから気づくように、代々の商家が多く、彼ら商人と工業家が、満鉄資金を支えたのである。これらすぐれた商人が、昭和大恐慌で受けた影響は、どれほど大きかったであろうか。

  その渡辺銀行の閨閥に、わが国の資本主義の生みの親、渋沢栄一がいるのである。ここにいる娘・渋沢武子は、渋沢子爵家の公式の系譜には出ていない。ポーツマス条約三年後に、栄一ますます壮健にして六十八歳でもうけた庶子とされるから、曾孫のような愛娘であった。

  満鉄株を扱ったのは、当然、東京証券取引所であった。だからこそ、早川ビルブローカー銀行や、藤本ビルブローカー銀行が、満鉄大株主となった。また東京の質屋は、兜町の相場を動かす大きな金融集団だったので、峯島家の尾張屋が大株主となった。思い返せば、明治十一年にこの取引所を設立・開業したのが渋沢栄一であった。成金元祖・鈴木久五郎は、鐘紡や日糖株のほかに東株の保有でも鳴らしたが、東株とは、株式会社組織だった東京証券取引所が自ら上場した株であり、渋沢株でもあった。さらに、満鉄株主で大倉喜八郎の七倍を超え、群を抜く第一位、三万株を保有した神田鐳蔵は、愛知県海部郡で代々酒造業の息子に生まれ、有価証券のブローカー・紅葉屋商店を創設した。日露戦争前には公債の大商いに進出し、大蔵大臣に国債市場の開設を建白し、公債引受団を組織した男であった。こうして神田は渋沢栄一にその存在を知られて引き立てられ、ロンドン市場、パリ市場などに日本の公債5000万円を送り出し、後に彼の神田銀行が証券業者として満都に覇を称えるまでになり、満鉄最大株主となったのである。そのような大物が、なぜ歴史に名を残していないのか。

 神田銀行もまた、渡辺銀行と共に、昭和大恐慌で吹き飛んだからである。

系図で渡辺銀行と質商・尾張屋のあいだに入っているのが、「出版界の覇王」と呼ばれ、日本最大の出版社である博文館の社長・大橋新太郎であった。越後長岡にでた新太郎は、日本石油業界の草分けとなる宝田石油取締役を手始めに、大川平三郎と藤原銀次郎が経営権を争った王子製紙の大株主・取締役として君臨したほか、北越製紙、帝国製麻、白木屋の取締役、三井銀行監査役、日本興業銀行理事、満鉄監事など、彼が経営に関与した企業は満州・朝鮮を含めて数十に及んだ。共同印刷と日本書籍の設立者として名高い彼は、一九〇八年と一九三三年に名だたる越後の大地主に伍して新潟県第四位の長者となったが、娘・豊子の嫁ぎ先は、金子堅太郎の息子であった。金子は三井大番頭・団琢磨の義兄である。

  日露ポーツマス講和会議の中心人物であるセオドア・ルーズベルト大統領が、ロシアに対する金銭的要求を放棄するよう日本に勧告したとき、それを受けた講和特使が金子堅太郎であった。

 なぜ団琢磨は暗殺されたのであろうか。このような数々の要人閨閥の結び目にいたのが、渡辺治右衛門の一族であった。その巨大な渡辺銀行の財産が一瞬で吹き飛ぶと、何が起こるであろうか。

「持丸長者国家狂乱篇」P186-189



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。