スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家狂乱篇 2

ここに、1926年(大正15年)の長者番付がある。本書の狙いとする国家狂乱時代の鍵を握る年の物である。持丸長者番付は、編者によって、選択の基準が異なって、番付ごとに特色ある性格が現れるが、この年には100万円以上の資産家七一八人が網羅されている。資産額は、100万円以下を切り捨てているので、金額はかなりおおざっぱな推定の印象を受けるが、日本の産業界のすみずみまで、大物実業家一人ずつを実に詳しく拾い上げたすぐれた番付のひとつである。年末の12月25日に大正天皇が没して、昭和天皇が即位した年、昭和元年なので、翌昭和二年にわが国未曾有の大恐慌が発生する前年に当たると言う点で、特に注目すべき時代である。そのうち上位50人は次の通りであった。

○一九二六年(大正十五年=昭和元年)大日本資産家大鑑 岡野保編
第一位 岩崎久弥 5億円 三菱財閥
第二位 岩崎小弥太 4億円 三菱財閥
第三位 三井八郎右衛門 3億8千万円 三井財閥
第四位 住友吉左衛門 3億 住友財閥
第五位 安田善次郎 2億5千万円 安田財閥(二代目)
第五位 藤田平太郎 2億5千万円 藤田組社長(藤田伝三郎の息子)
第五位 久原房之助 2億5千万円 藤田伝三郎一族
第八位 古河虎之助 1億5千万円 古川財閥
第八位 大倉喜八郎 1億5千万円 古川財閥
第十位 鈴木よね子 1億円 鈴木商店店主
第十位 日比谷平左衛門 1億円 紡績王二代目(番付では新次郎)
第十二位 鴻池善右衛門 8千万 鴻池財閥
第十三位 川崎芳太郎 7500万円 川崎財閥(川崎正蔵の養嗣子)
第十四位 伊藤次郎左衛門 7000万円 松坂屋社長
第十五位 三井得右衛門 5000万円 三井財閥
第十五位 三井武之助 5000万円 三井財閥
第十五位 三井八郎次郎 5000万円 三井財閥
第十五位 安田善三郎 5000万円 安田財閥
第十五位 浅野総一郎 5000万円 浅野財閥
第十五位 前田利為 5000万円 加賀百万石金沢藩世嗣
第十五位 本間光輝 5000万円 日本大一位の大地主(山形県)
「持丸長者国家狂乱篇P15-P16」


以下次回に続きます。1920年皇太子が摂政になる前年に宮中某重大事件がおき、元老山県有朋と杉浦重剛、頭山満らが対峙じます。杉浦、頭山2名の名前をご記憶に留めおきください。




国内格安航空券サイトe航空券.com




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。