スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家狂乱篇43

 おそらくは、もはや誰の目にも戦争は既定路線であることはおぼろげながらもみえていたはずである。庶民の間にもひろまっていたはずである。日露戦争後は「日米もし戦わば」などといった話が広まっていて来日していた米国人を驚かせた、むろんその、世界に対する無知に対してである。一等国である日本が何故、神国日本が・・己の悲惨な現状をそこへ投影させるしか道はなかったのではないか。
  やがて日本人特有の分かっていても何も言わないという和の精神が悪い方向へと作用していったのであり、時候のあいさつも「まあ、しかし日本は神国ですからなぁ」「そうですな」といったようにひたすら事実から目をそらしていったのであるまいか。そうであれば個人は嫌でも、共同体としてあるひとつの理想目標ー大東亜共栄圏へと進むしかなかった。例えるならば誰もがこの売り上げ目標が達成不可能と分かっていても、異を唱えられない、唱えれば即後ろ向きとして村八分にされるという、知性、科学のない日本企業によくある極度の精神主義に傾注するしか方法がない状態に国全体が陥っていたのである。悲惨であるとしかいいようがない。無論幹部らは別であり、彼らは美味しい昼食、晩餐をいただきながら己の私腹を肥やす目の前のことにしか興味はない、一部の者を除いては。
  




  ===========================================

  DNAや遺伝子が何かを動かすわけではない。脳外科医が脳の構造を解明すれば、手術には役立っても、そのようなもので、人間の知性は一歩も進歩しない。脳外科が発達すると共に、日本人のナショナリズムが、ますます戦時中とよく似てきた現実をみればよい。日本を誤った方向に動かしたのは、明治維新以来の軍事支配思想である。傲慢不遜な利権に目がくらんだ長州軍閥・薩摩軍閥は、きわめて婚姻関係の強いかたまりであるから、山口県と鹿児島県のなかで、全県を代表するものではなく、権力を握ったひと握りの集団であった。その人間たちにかしづき、抗うことも知らずに動かされた国民全体の意識が問題である。
 日本の寓話として美麗に創作された『古事記』『日本書紀』の神話は、興味深い内容である。だがそれを権力にために悪用し、天皇は神であるという思想をふりまいた、狂信的な維新の志士と国学者たちの思想の浅さは、驚くほど狭量であった。もともと仏教を国教としたのが天皇家で、奈良の大仏を建立したのが聖武天皇であることも知らないのか、神道のほかには目もくれず、天皇神権の信仰に取り憑かれた若き軍人たちが、次々と暗殺とテロとクーデターに走って、日本の方向を大きく切り換えた。二・二六事件で処刑され、有罪判決を受けた軍人たちが書き残したものには、哀しくも、その古代天皇由来の南北朝伝説に対する真剣な情が縷々記されている。
  戦後になって、皇国青年軍人だった者たちが、その南北朝伝説の系譜がまるで事実と正反対であることを知って衝撃を受け、敗戦にうろたえながら、戦友たちがそのあらぬ妄想のために特攻隊で自殺しなければならなかったことを、どれだけ痛く悔いたかは述べるまでもない。霊魂を信じない人間でも、先に世を去った人の霊や魂を、ふと感じることはある。不信仰な人間でも、路傍のお地蔵様には礼を持って接するものだ。しかしそれと、妄想を信じる事は別である。妄想はイワシの頭と同じ『古事記』と『日本書紀』を考古学的な事実だと信じ、主張するのも勝手だが、己の妄想を法によって事実と決めつけ、他人に強要する新興宗教が、国家の国法としてまかり通れば国は破滅する。妄想のために死ねと、国家の手で皇国史観が若者の頭にたたきこまれ、日本の経済がひっくりかえされたことは、特筆すべき重大深刻な事実である。この軍人たちの一生をそこに導いた人間たちは、多くを問われるべきである。
  暗殺者たちにやすやすと暗殺の口実を与え、軍人を野放しにして植民地支配の支配力を与えた財閥・華族、大蔵大臣・日銀総裁・大銀行・大企業・官僚の幹部たちの考えの未熟さと、世界を見る目の曇りは、当時、日本の植民地進出を煽り続け、軍国主義を礼賛した新聞界ぐるみの無知と共に、責任を問われるのに充分であろう。なぜなら、右のように、すでに日本全体に筆舌につくしがたい貧困が蔓延し、植民地では、土地と生活・商売を奪われて追いつめられた人びとによって、数限りない反日・抗日運動が激化していたからである。それに気づいた人間が誰一人いなかったなら「私は知らなかった」と釈明もできよう。だが史実は、そうではない。数々の報告が山のように出され、その事実を伝えていた。気づいた者のなかには、河上肇がいた。吉野作造がいた。星野芳樹がいた。大河内信威がいた。星野芳樹は共産主義の欠陥にも気づいていた。いま記したのはごく一部の先覚者であり、見識ある者が大量に政治犯として投獄されていた。


「持丸長者国家狂乱篇」P375-377


=======================================





テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。