スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家狂乱篇38

  近江銀行は、鐘淵紡績のライバル東洋紡績社長に就任した近江商人・阿部房次郎が取締役を勤めていた。阿部一族は長者の一族で、さらに婚姻関係には、長者番付で大阪府第二位の山口銀行頭取・山口吉郎兵衛(全国三十五位)、島根県第二位の堀藤十郎(鴻池善右衛門~三野村利左衛門一族)、元総理・松方正義らがいた。この近江銀行が破綻、さらに華族銀行である十五銀行が破綻した。

   十五銀行は松方の息子・松方巌が頭取であったが、松方個人の乱脈経営に加えこの恐慌で最終的に倒産となった。
 この、破綻の少し前、さる筋から知らせを受けた多くの大名華族資産家たちが、預金を早めに引き出し助かったと伝えられることから誰かの差し金であったといえよう。このあと松方は爵位返上のうえ私財を投入している。

 昭和二年恐慌は、関東大震災前から日本の不良債権経営の実態を知っていた実業家グループが経済テロ的に起こしたものであるといえよう。
 もちろん大衆はそのような事情は知る由もなく、最終的に被害を被ったのである。台湾銀行休業の前日、若槻内閣は総辞職していた。そして新総理大臣に陸軍参謀本部出身、陸軍大臣経験者で、妻が三井銀行幹部・柳荘太郎婦人の姉である田中義一が就任することになる。ここに三週間のモラトリアム=支払い猶予が行われ事態はようやく収束してゆくが、政党内閣時代の終わりがここに告げられた決定的瞬間でもあった。




tanaka


田中義一元陸軍大臣・元内閣総理大臣



¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥


  田中内閣が発足すると、ダルマ蔵相・高橋是清によって三週間の支払猶予令が出されて銀行が一斉休業に入り、このあいだに取り付け騒ぎが終息した。長州・三井の軍閥内閣なら何をしてもよろしいと、台湾銀行にも日銀からの巨額の非常貸出がおこなわれて、植民地金融は予定通り維持された。したがって台湾銀行が救済されたのは、本来は、田中内閣の力量によるものではない。経済的な論理性もなければ、国家的な筋においても一貫性のない長州出身の軍事人脈が、大衆が苦しむ昭和二年恐慌を食い物にし、金融支配力を軍事支配力に換えて、これが、日本が地獄に転落してゆく決定的な役割をはたした。


¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
 「持丸長者国家狂乱篇」P314




  
プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。