スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカンハウスー家を官房機密費で建てました



空気を読まぬユーモアは無神経と取られる――菅直人元首相が5月末に立ち上げたブログの印象だ。菅氏は一昨年3月の東日本大震災当時の首相。震災と原発事故への対応で世論から強い批判を受けた。退任後は東京都武蔵野市の賃貸住宅に住み、今年1月、三鷹市に一戸建てを新築。「エコカンハウス」と名づけた

菅氏は、『エコカンハウス通信』という自身のブログで、新築の経緯や住み心地を、いついた猫が語る形で記している。

「はじめまして。おいら、エコカンハウスの新住人・エア猫COCO。91歳のお婆ちゃん家を建て直して、Bossパパ、Bossママと一緒に2月末に引っ越してきた」(5月22日付)

Bossパパは菅氏、Bossママは伸子夫人、お婆ちゃんは菅氏の実母だ。

登記簿によると、新居の敷地面積は182平方メートル。建物は2階建てで、床面積は1階が94平方メートル、2階が80平方メートル。淡いベージュの壁面で高級感漂う豪邸だ。塀の外には警護する警察官のボックスが設置されている。建物は菅氏と実母が半分ずつ所有。土地は実母の名義で、実母はこれらを担保に極度額2億円の融資を受けている。民主党関係者によると、建築費用は菅氏と実母との折半という。

ブログでは、「Bossパパは、『この家は、エネルギー自給ができるように、省エネを徹底。太陽光発電と、都市ガスから発電と給湯を行う燃料電池(エネファーム)を備えて、計画ではエネルギーは107%自給できることになっているんだ』と、すごぉく嬉しそう」「エコカンハウスが2000万戸あれば、原発40基分の発電ができ(中略)原発なくても、大丈夫」と、売りである脱原発政策もちゃっかりアピール。

また、建物は床暖房付きで「心地よさはまずまず合格」。屋根は太陽光パネルで覆われ、近くには井の頭恩賜公園や「初夏の緑の香りが気持ちよかった」神代植物公園などがあるという。

快適な生活ぶりにケチをつけるつもりはさらさらないが、一方では原発事故の影響で、多くの被災者がいまだに不便な仮設住宅暮らしを強いられているという現実がある。夏目漱石を模したかのようなこのブログを、被災者は素直に読めるだろうか。
スポンサーサイト

菅直人が豪邸を建築。

菅直人が豪邸を建築。

官房機密費で夜毎豪遊三昧、何と十億以上使ったとか、その間、国民生活をどん底に陥れた。

本来であればじっとすべきなのだがそこは卑しい育ち、
大金を手にした?ので豪邸を、そんなところでないのかな。

いわば機密費御殿である。

人品卑しい者に権力を与えたらいけない

K機関(後にKチームに改名)特務隊のアクションプログラム


動燃の「原発推進」工作で名前の挙がったあの人〈週刊朝日〉

dot. 3月13日(水)7時13分配信

 週刊朝日が詳報した旧動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現・日本原子力研究開発機構)の「住民工作資料」は、岡山県と鳥取県の県境に位置する人形峠周辺、ウラン鉱山の一つがあった鳥取県東郷町(現・湯梨浜町)方面地区において、組織ぐるみで住民たちの個人情報を集め、「思想チェック」「素行調査」をしていた――というものだった。しかし、旧動燃が手を染めていた「工作」は、それだけではない。〈K機関(後にKチームに改名)特務隊のアクションプログラム 第1案〉と題された内部資料の驚くべき内容を、ジャーナリストの今西憲之氏と週刊朝日取材班が暴露する。

*  *  *
「Kチーム」は具体的にどんな工作をしたのか。当時、本社の核燃料サイクル技術開発部の幹部だったY氏が作成した「第1案」は、実に過激だ。

〈JC(青年会議所)ラインの利用 K機関で確保しているタレントとの会談を企画し、洗脳する〉
〈マスコミ対応 (1)K機関タレントの利用 K機関で所掌しているタレントとの会食を通じて洗脳〉

「洗脳」とは穏やかでないが、どうやら「タレントとの会食」というおいしい“エサ”で、動燃シンパを増やそうとしていたようだ。別の資科では、こんな名前が挙がっていた。

〈竹村健一 石原慎太郎の活用〉
〈石原氏へは、アプローチの仕方について要検討〉

 評論家の竹村氏と前東京都知事の石原氏は、ともに原発推進派である。資料では動燃と関係が深い大手ゼネコンの名も挙がり、〈協力隊を出してもらう〉との記述もあった。

※週刊朝日 2013年3月22日号
    

千葉県民 自治体の作為により体内被曝か?

本当に、今は敗戦前夜なんです。言論統制、封鎖です。
御用学者が一巡し、ウソがばれそうになると
池上なんとかという受けがいい人をつかって毎日これでもかと
いうぐらいの大量の情報を流し話題をそらしたり、集中力をそぎ落とす。
すべて計画されています。日本人は過去に経験しています。
歴史に学ぶ必要があります。

 
昭和二十年四月戦争継続と内閣は言いながら、
裏でソビエトに和平の仲介を頼んでいたのとおなじで、
現政府は裏工作を隠す為必死です。
なぜいま原子力大国フランス大統領サルコジが
訪日するのですか、考えてください。
本当にヤバイ状況なんだと思います、

小出しに
プルトニウムが見つかったとか、海水に基準値の3000倍の
放射性物質とかすこしつづ、世間の状況を見ながら
あとで責任追及されぬよう出しています。

下の記事のように隠蔽工作がなされています。
そして真実を伝えようとしているひとを悪人にしようと、「デマに
流されないようにしよう」などと公共の電波で大衆を洗脳している。

対応はどうしたらようでしょう対策あります




引用開始 http://takedanet.com/2011/03/41_19d9.htmlより

原発 緊急情報(41) 驚くべき千葉県




3月30日、驚くべきニュースが流れた。

「千葉県八千代市の睦浄水場の入り口手前で22日に採取した飲用水から、大人の飲用基準(1キログラム当たり300ベクレル)を超える放射性ヨウ素131、370ベクレルが検出されていたことが30日、分かった。北千葉浄水場でも336ベクレル。

 28日に採取した水から放射性ヨウ素は検出されておらず、県は現在、飲用を控える呼び掛けはしていない。」

えっ!と驚くニュースである.28日の水が大丈夫なのが30日に発表されている.つまり、1日後に汚染が判るのだから、22日の汚染が判ったのは23日なのだ。

その発表を抑えていた。そして28日に汚染がなくなったのを見て、30日に発表している. 発表を遅らせたのは、東電でも政府でもない。私たちの味方、自治体なのだ。私たちの最後の頼りは自治体が命を守ってくれることだ。

でも、現実はその間に、水道水を飲んだ市民葉被曝した。千葉県民は県税は払わなくても良いだろう。

千葉県!!しっかりしてください。 自治体が住民を守らなければ誰が守るのですか! 千葉県の人は、発表された時にはすでに飲んでいる.

おそらくは東京の浄水所のことで、政府から圧力がかかったのだろう.その場合は、千葉県は「政府からの圧力の内容」を公表すべきであり、県民に汚染水道を隠す方向に行ってはいけない。何のための自治体なのだ。

このことで各地の水道の発表はまったく信用できなくなった。自治体は福島原発の責任を持っているわけではない。せめて、正しい情報を早めに報道して欲しい。

「水道は大丈夫だ」と言っているが、大丈夫ならなぜすぐ発表しないのか.私たち住民は飲んだものをはき出すことはできない。大丈夫なら隠す必要がない。大丈夫でないから隠す.

私たちは自分たちで警戒しよう. それは将来のある子供ための親の責任だ。負けるか!

(平成23年3月30日 午後5時 執筆)


武田邦彦


« なぜ、今日も原発が運転されているのか? |

[トップページへ戻る]> [■■■  特設スタジオ]

(C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ

NO MORE FUKUSIMA

青い光が福島原発で出ています。

3号機からとのことです。

中性子が出ている時青い光がでますから再臨界が起きていると考えられます。
3号機はMOX燃料で大量の猛毒プルトニウムが拡散中と考えてよいでしょう。

関東圏の方は影響がまぬがれないでしょう。
対応はどうしたらようでしょう対策あります

時間は限られます。
早く石棺にしないと東日本はチェルノブイリのように立ち入り禁止になります。

尾張が日本の東の終わりになり、「これより先は許可亡き者立ち入り禁ず」となるでしょう。
いそいでください。

NO MORE FUKUSIMA


プロフィール

cbu66810

Author:cbu66810
昭和が終わって二十年、そろそろあの六十数年を最初から最後まで総括し新しい時代に向けて一歩をふみだす時に来ています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。